後悔しないランドセル選び|刺繍は必要?刺繍のメリット・デメリット

刺繍のあるランドセルの種類と特徴

ランドセルには様々な形で刺繍が入っています。

最近のデザイン性に優れた種類のものについては装飾の目的で様々なステッチが入っているものが多くなっています。

色やプリントだけで模様などを表現するのではなくステッチで変化を付けることが出来、凹凸が生み出す見た目が非常にキレイなものとなっているのです。

こだわりのデザインで選びたいという場合にはこうしたものを選ぶことが多くなるでしょう。

プリントなどと比べて模様が消えてしまうということがないことが特徴と言えます。

また、模様というほどではなくても、あえて縫い目を見せるような形でステッチがしてある種類のものもあります。

見た目の良さという点でももちろんなのですが、強度を出すことが出来るという点が特徴と言えます。

本来の縫い目と飾りステッチで二重に縫われているという形であれば、強度は増していくといえるのです。

このように刺繍と言っても色々な種類がありますから、実際に見てメリットデメリットをチェックしてみましょう。

 

ランドセルの刺繍について【子供の意見と親の意見】

刺繍は見た目を楽しくしてくれることもあり、ランドセルの見た目を重視したい子供にとってはデザインの幅が広がるという点で良さを感じやすくなります。

印刷された模様などでは色落ちなどをしてしまう恐れもありますが、ステッチであれば消えにくいという点も嬉しいところです。

大人としても、縫い目によってランドセルの強度を高めることになるという点で良いという意見もあります。

しかし、刺繍は糸を使って施すものですから、その糸が切れてしまったり、色落ちしてしまったりすると見た目を損なってしまうというデメリットもあります。

また、ステッチにより凹凸が出来てしまうと、汚れをふき取る時に障害となってしまう事もあるのです。

くぼんだ部分に水分や汚れが溜まりやすくなったり、拭き取ることがしづらくなってしまい劣化の原因ともなるのです。

こうした点を考えると、大人の視点からは最低限の物にとどめておいたほうが長持ちしやすいといえるでしょう。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です